新しい車が欲しい! 今乗っている車を高く売るためのポイント

車を売ろうと思ったのはどうしてですか?新しい車が欲しいから今の車を売ってできるだけ次の車を買う資金にしたいから。生活が苦しくてどうしても車を売るしかないからなど。いろいろな人がいますね。車を売るには査定を依頼しないといけませんが、車を高く売るためにコツは存在します。

心がげておきたいポイント

査定する時には車の年式、走行距離、それから人気のカラーなどは査定ポイントになりますが、さらに忘れてはいけないのが内外装です。ここをチェックすればその車が綺麗に使われてきたのか判断できるからです。当然、中古車を購入する人だってできるだけ綺麗な車がいいのです。したがって洗車や内装やトランクなども綺麗にしておけば査定時にプラス評価してもらえます。次に大事なことは売るなら早めにして、なおかつ売るタイミングを計る事です。価格の変動が毎日のようにしている中古車市場。車種によっては売れ筋のシーズンというものがあります。2週間くらいで10万円以上もの価格差が出る事もあります。特に夏と冬のボーナスシーズンには需要も高くなりますから、売るには良いタイミングです。他には付属品も用意した方が良いです。車の購入時に付属していたものを日頃から車内にしっかりと保管して失う事がないようにしましょう。中でも取扱説明書、整備手帳などは査定時に必要です。高年式の車の場合はディーラーの保証を次の持ち主に引き継いでもらうため、必ず必要です。このような付属品も査定時には重要ポイントです。

 

査定を依頼する前にしておきたい事

まずは自分で直す事ができる所は直しておくことです。車を長い間を乗ると走行中に小石などを跳ねて小さな傷がついています。ですが、そんな程度の軽度な傷ぐらいなら自分で直すことができます。査定に出す前には洗車してみて細部をチェックしましょう。傷があれば自分で補修できる所はしておきましょう。他にも臭いも査定に響きます。社内の臭いというのは普段乗っている自分からしたら気にならない事が多いもの。でも、クリーニングしても消えないような臭いが残っているなら査定ではマイナスポイントになります。たばこやペットの臭いなど普段から車内の臭いには気を配り、こまめにクリーニングしておくようにすると良いです。もし、査定の前に臭いが気になるのなら脱臭剤や消臭剤を利用して少しでも臭いを緩和するようにしましょう。車を査定に出す前にちょっとした手間をかける事で高く売る事ができるものです。査定に出す時にはここを参考にしてみましょう。