中古車を5年で買い替える際のメリットとデメリットは?

車の買い替えサイクルが3年というのは少々早すぎる気もします。
ですから、その買い替えサイクルが5年ともなるとなんとなくですが、最適な買い替えサイクルのような気がするという人も少なくないのではないでしょうか。
そこで中古車を5年で買い替える際のメリットとデメリットについて考えてみます。
中古車を5年で買い替えるメリットは5年以内であれば様々な保証がセットになっている点です。
新車購入時のメーカー保証は3年というのが相場ですが、これが内部の部品など詳細な部分になるとメーカーの特別保証あるいはディーラー保証などが5年付きます。
ですから3年を過ぎても5年以内は安心して車に乗ることができるのです。
この5年の保証期間というのは車に乗っている人にとっては大きな保険と考えてもいいでしょう。
国産車は耐久性に優れていますから5年ではそれほどへたることはありませんが、それでも保証が付いているのはかなり安心できるものです。
これを新車購入から5年の買い替えサイクルにしたら、常に保証期間内ということで安心したカーライフを送ることができるのです。
国産車といえども5年も経つと、故障とはいかないまでも部品交換は多くなりますし、メンテナンスなどやらなくてはいけないことが多くなります。
その点を考えても5年での車の買い替えサイクルというのは理にかなっているといってもいいでしょう。
また、3年の買い替えサイクルほどではないのですが、2度目の車検の前に売却出来る点もメリットとしてあげてもいいでしょう。新車登録から最初の車検は3年です。2回目の車検から2年おきになります。ですから5年での買い替えとなると車検は一回で済みます。しかも初回の車検は部品交換も少なくもっとも安く車検代が済みますのでお得感はかなりのものがあるでしょう。これも大きなメリットの一つですから、2度目の車検の前に売却するという人も少なくないのです。
また、ディーラー下取りでも査定価格は付きますし、買取といった面でも人気車であればオークション相場を参考にしてかなりの高査定になることがあります。それを考えると5年での買い替えというのも高査定という点でメリットがあると考えていいでしょう。
この5年での買い替えサイクルも良いことずくめのような形ですが、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
3年でしたら不人気車であってもそれなりの査定価格になるのですが5年落ちとなると査定価格が相場以上に下落する車もあります。ですから、そのときの人気にも左右されますのでその場合は人気不人気に関係なく査定をしてくれるディーラー下取りのほうがいいでしょう。ディーラー下取りでは7年落ちになると査定ゼロになるのですが、5年でしたらまだまだ査定価格が付きます。このあたりは買取査定と天秤にかける部分ですが、安定した査定を出してくれるのがディーラー下取りなのです。
5年落ちとなると大きく差が出てくるのが走行距離です。

このあたりも査定価格に大きく影響してくる部分ですから注意したほうがいいでしょう。