プリウスを売る時に損をしない下取りと買取の違いについて

下取りって?

下取りというのは、買取業者の買取とは異なります。
下取りは、新車を購入する時に利用したディーラーで、現在乗っている車を買い取ってもらうことです。

 

ディーラー側が査定をしてくれるのですが、乗っていた車の値段を算出して、その査定額の分を差し引いた金額を新しい車購入額に当てるのです。

 

下取りの最大のメリットは、1つの車屋で事が済みますので、次に購入をする車が決っているのであれば、手続き等も簡単に済ませることができます。
また、新車の納車と下取りとを同じタイミングで行うために、代車を使用する必要もありません。

 

さらに、新車の値引き額が少ない場合には、下取り価格に上乗せをしてくれる場合もあります。
下取りならば、あまり人気のない車種であっても、ある程度の金額で下取りをしてもらうことができるといわれています。

 

ただし、他社の査定額が反映されることはほとんどありません。
買取業者で高価買取をしてもらえるとしても、その査定額が反映されないので、他社よりも安く買い取られてしまうことももちろんあるのです。

 

 

中古車の買取って?

中古車買取専門店等に車を売却して、現金に換えるというのが、この中古車の買取になります。
新しい車を購入するのかどうかは関係なく、現在の車を売却します。

 

買取りのメリットは、下取りに出した時よりも高く売却できるということです。
近年ではインターネットを利用した無料一括査定を行えるようになっています。

 

利用者がインターネットから愛車の情報を登録します。
すると、その情報について複数の中古車買取業者が評価して、買取価格を算出します。

 

自分の車の価値がどの程度あるのか、どの業者が最も高く買取をしてくれるのか、ということを簡単に知ることができます。
下取りは新車購入時の頭金になりますが、その分正確な評価額を知ることはできません。

 

さらに、買取業者には輸入車、事故車を専門的に扱っている業者もあります。
様々な車を扱っているという点でメリットは大きいのではないでしょうか。

 

ただし、相場の変動が非常に激しいですので、価格の安定というのはなかなか難しいといえます。